おすすめマリアージュ

第六回
「みかど農産『焼干しいも(安納芋)』と合わせる日本酒」

みかど農産『焼干しいも(安納芋)』と合わせる日本酒 みかど農産「焼干いも(安納芋)」は、ねっとりとした甘さと食感が特徴の安納芋を食べやすくし、干し芋の良さを兼ね備えているのが魅力です。焼干いもは、冷やした状態ではすぐに甘さは感じず、噛むほどに自然の甘さが口に広がります。また、干し芋として加工してあるので、通常の安納芋では水分が多く、なかなか出来ない焼き目もオーブンや焼き網で簡単に付けることが出来ます。私は表面に焼干しいもの特徴の白い糖分の結晶が出てきた頃が一番好きで、それまで待ってから食べるのも干し芋の楽しみですね!

和菓子薫風

今回この焼干し芋に合わせてご紹介する日本酒は、愛媛県西条市成龍酒造の貴醸酒をお薦めします。水の代わりに日本酒で日本酒を仕込み8年以上寝かせたこの貴醸酒は、カラメルのような風味を持ちながらすっきりとした後口で、冷や、常温、熱燗にしても、それぞれの温度の顔を見せます。焼干いもを冷やして食べる時の優しい甘さ、焼き目が付く程焼いた芋の香りと食べる時のカリカリっとした香ばしさなど、どのシチュエーションにも合わせられるのがお薦めの理由です。また、これからの季節に冷やして薄くスライスした焼干いもにお薦めなのは、岐阜県瑞浪市中島造醸の小左衛門13号純米吟醸 しぼりたて生 山田錦です。華やかな香りだけでなく、バランスの良い味わいに新酒ならではの爽やかな酸味が焼干いもを引き立てます。お酒のおつまみとしても、デザートとしても、様々な楽しみ方が出来る焼干いもと日本酒を是非お試しください。

今回の一押し

成龍酒造株式会社 貴醸酒 成龍 2002年醸造 500ml

成龍酒造 貴醸酒 成龍 2002年醸造 500ml
標準市場価格1,620円


長期熟成させた円熟個性派タイプ。2002年醸造から成龍酒造独自の貯蔵方法にて寝かせております。貴醸酒とは、仕込みに水を使わずに、日本酒で日本酒を仕込んだ贅沢なお酒です。品の良いコメの甘みととろみある滑らかさがあり、甘口でも自然の甘さですので、後口がサッパリとしていて落ち着いた味わいがゆっくり広がります。冷やから常温では、丸い甘さとカラメル香があり、熱燗では酸味が甘さを抑えシャープな味わいを楽しめます。食中・食後・デザート酒として、様々なシーンにお楽しみいただけます。

今回日本酒に合わせた商品

みかど農産「焼干しいも(安納芋)」

今回日本酒に合わせた商品は、みかど農産さんの「焼干しいも(安納芋)」です。 表面は赤みを帯びていて、中身は黄色味が強く、水分が高くてねっとりとした食感です。糖度も高く、収穫後の生の状態でも15度前後になると言われています。焼くことで、ねっとり感が強くなるとともに、甘さも増して糖度は40度前後にもなると言われます。さつまいもを皮ごと焼くことで甘みが凝縮され、その中身だけを、更にこすという、こだわりの製法で作られた焼干しいもです。存分に引出された芋の甘味をご賞味ください。

みかど農産「焼干しいも(安納芋)」
販売価格:600円(税込)
この商品をお求めの方はこちら

佃佐知子和菓子薫風

佃 佐知子TSUKUDA Sachiko

和菓子薫風 オーナー兼和菓子プランナー
■経歴
製薬メーカーの分析の仕事から一転、飲食の道へ。飲食店に勤める傍ら、調理師学校や製菓専門学校にて料理と和菓子の基礎を学ぶ。卒業後に独立し、大手飲食チェーン店のメニューコンサルタントや地産地消商品の開発などを手掛ける。2012年に、卸製造販売とカフェを併設した「和菓子薫風」をオープン。レシピ開発や和菓子卸製造の他、カフェスペースでは手作りの和菓子と30種ほどの日本酒を常備し、和菓子と日本酒を四季ごとに楽しむ方法を提案している。また、定期的にしている和菓子教室や和菓子とお酒のマリアージュの会なども開催している。現在、お菓子とパンの総合月誌「製菓製パン」にて、お酒で味わう和菓子をコンセプトに、大人のおやつシリーズで和菓子のレシピを連載中。

和菓子薫風
住所:東京都文京区千駄木2-24-5-1F
TEL :03-3824-3131
http://ameblo.jp/wagashikunpu/